ゾンビ大好き幼児の成育記録

ゾンビや怖いお話が大好きな4歳児の成育記録です。なるべく淡々と記録してゆく予定です。

2017年3月3週目の絵本

「なんだかよくわからない話だったね」。
私も久しぶりに読みましたが大人でもなんだかよくわからないのでしょうがないですね。




子が選んだ本。
音読するだけでげらげら笑います。半濁音や撥音ってなぜか子供には受けがいいですよね。
字が少ないので(しつこい)親も大好きです。



子が選んだ本。
家にもあるのですが、少しストーリーが違ってこっちのほうがよかった。
しょうぶの原っぱに隠れるところまでは同じですが、家にあるものは最初からしょうぶパワーで主人公の姿がみえなくなり助かるのに対し、こちらはただ隠れただけで、食べられそうになるところを鬼婆の目にしょうぶの葉が突き刺さり、鬼婆が逃げていくという筋立て。
なのでしょうぶを飾るようになった、という起源説明的な話になっていました。

大人は笑ってしまいますが、子は初見ではよくわからなかったみたい。
何度か読むうちに気に入ってくれるとよいですが。